「大きい会社の光と闇 関野」

ごきげんよう! さて今日は僕の体験談からもお話しさせていただきますが、今ニュースなどで取り沙汰されている某大手中古車販売店についてだったり大手企業の光と闇について少し考察をまとめていきます。 ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、僕自身もこの業界に入る前はイベント施工会社であったりとか、愛知県大府市を拠点とするカーディティーリング業を営んでいる上場企業に在籍しておりました。 そこと今回取り沙汰された某大手中古車販売について少し解説させていただきます。 某大手中古車以下B社は日本で先駆けてワンストップサービスを中古車業界で広めた会社でございます。ワンストップサービスとは・・・①販売②メンテ、修理③買取④保険の販売代理店と、車にまつわることは一切合切すべて請け負う体制でございます。 各セクションにはそれぞれの技術者や担当者がおり、場合によっては他社からの出向などで知識を育み会社を成長させ顧客に満足いただきまた世間から信頼を獲得することを目的とした方法です。 自動車自体は首都圏に関しては交通網がとてつもなく発達している為、田舎に比べて自動車の所持率は低いですが地域によっては生活必需品と言っても過言ではありません。 今回そんな中B社においては不正が見つかったのです。 【不正】①修理における水増し申告通常自動車の修理とはユーザーが加入している任意保険を用いて修理するのがほとんどです。自腹では50万円かかる修理を保険を使えば5万円払えば免責になるという仕組みですね。その中で実際お客様が持ち込んだ修理希望範囲を飛び越えて間に入っているB社がキズやへこみを増やし其処を直し実際かかった実費を保険屋さんに請求するといった自作自演し利益を大きく不正するといった内容が今回大きな問題となったのです。 大きな不正はこの内容が取り沙汰されていますが実際は公共の植栽などを枯らしたり、保険屋さんとの関係であったりなど多数問題は発覚しておりますが今回は割愛させていただきます。 さて今回こういう問題が起こった背景にどんな問題があったのでしょうか?ここが一番大事なポイントになります。 これは実際に僕も体験した事から僕の意見も入っております。B社は上場はしていないものの従業員が数千人いるという日本一と言っても過言ではない中古車販売店です。これらは主に以下が告発により露わになった問題でございます。 ①売り上げ(利益)至上主義車業界は各ディーラー含め超体育会系です。自給自足するかのようにノルマを与えそれらを達成できないものには社内で誹謗中傷、パワハラなどが横行します。僕の知っている話ではお客様と販売契約書にサインいただくまでドアにカギを掛け出さないようにするという話もありました。 ②洗脳会社が大きくなればなるほど社員も増え、若く車好きな若者たちが夢を追い入社してきます。十人十色という言葉がある通りそれぞれの意思がありますが秩序を乱さないよう幹部陣がトップダウン政治を行うのが大手のつきものです。 【まとめ】他にも色んな要因はありますが会社の方向性や目的に沿って運営を進めるためには大手企業には必ず大小の独裁者がいます。ボトムアップしても結局圧力で押され、左遷や降格が怖く何も言えないといった状況に陥ります。実際僕もガンガン上には言うタイプだったので前記のような経験もありました。会社の意向に沿って成果を出せば大きな給料やボーナスが支給されるので善悪の判断も付かずにひたすら洗脳に従うのです。また見えてないところで利益を出すためにも洗脳に従っていれば悪さをしだすのも大手ならではの性です。全て個人からくる私利私欲のために。 基本的には僕も車が大好きで前職に付き軽自動車をはじめフェラーリまで運転したことない、触ったことない車はありません。しかしながら大きい会社の光と闇を知ることにより車やそれらのサービスを嫌うのが嫌になったためその会社を退きましたが、いつかB社と同じ目に合うと考えるとぞっとしますね! もちろんどの業界にも不正はあると思いますが、いつかバレる事だけは確かなのでしっかりお客様に満足いただき喜んでいただいたお金で会社を潤わしていきたいですね! ってことで今日は不正発覚事件についてのボヤキでした! Ps.マニアックが知る自慢の愛車260RSでございます♪ ///////////////////////// 大きい会社の光と闇 関野 ///////////////////////////

Comments Off on 「大きい会社の光と闇 関野」